商工会からのお知らせ

防災と事業継続

日時2019年10月11日

台風19号が刻一刻と近づいてきています。

飛騨市の災害・防災情報はここをチェック!

昼過ぎてから

冷たい空気の中に湿気をすごく感じるようになってきました。

 

 

午前中、町内のホームセンター等うかがいましたら

乾電池の棚に「空き」が目立ちました。

お店の方にうかがうと

乾電池や懐中電灯が今日は朝からよく売れているそうです。

 

企業の『災害対策』は、大きく二つの視点で考えなければなりません。


一つ目は、従来からある『防災』の視点、

そして二つ目に重要なのが『事業継続 (BCP)』の視点です。これは災害発生後、迅速に事業を再開出来るようにするための取り組みということになります。

 

 

先日の千葉県での被害では

多くの飛来物が電線を切断し、

大規模停電の要因の一部になっていました。

お店や家の外に置いているものや

工事現場のシート類や材料等々、

飛んでいきそうなものはそうならないようしまうか、しっかり固定するか対策いただくことで

災害を予防あるいは小規模にとどめることができると思います。

災害を小規模にとどめることは

当然、早期の事業再開に結びつきます。

現在はまだ雨が降ってきておりませんので

ぜひ、明るいうちに対策をお願いします。

 

今日は地元の保育園の園児さんたちが遠足で事務所の近くへやってきていました。

外でキャーキャーとはしゃぐ声に

元気をもらいましたよ☺

またお散歩や遠足に来てね♪

 

一覧へ戻る

商工会へのお問い合わせ
TEL.0577-73-2624 FAX.0577-73-6123

商工会からのお知らせ

  • 2019.10.11
    防災と事業継続
  • 2019.10.4
    【重要】北飛騨商工会との合併について
  • 2019.10.2
    【商工ニュース】10月分配布します

お知らせ一覧

金利情報
1.21%融資利率情報
小規模事業者経営改善資金(マル経)
最終更新日:平成31年4月1日
飛騨古川を応援する情報誌ぐるっと

「ぐるっと」最新号

最新号をみる
得する!街のゼミナールまちゼミ

まちゼミ

開催期間令和元年6月20日(木)~令和元年7月15日(月・祝)

岐阜県商工会連合会WEBセミナー

ページの先頭へ戻る